Tall Xpresso®︎

ダブルトール開発の次世代2Wayコーヒーマシン

Double Tall Original Espresso Machine

エスプレッソにもドリップコーヒーにも対応

ポルタフィルタをセットしてエスプレッソ抽出が、シャワーアタッチメントを取り付ければドリップコーヒー抽出ができます。

手動でも自動プログラムでも抽出が可能

オペレーション負担を軽減する自動プログラムはボタンを押すだけで抽出が可能。バリスタの腕に応じてパドルでの手動操作もできます。

自動モードは4つの設定を登録可能。自動洗浄モードも搭載

エスプレッソ、ホット、アイスなどの違いに合わせて、蒸らし時間、抽出量など細かく設定でき4パターンまで登録できます。

世界初、豆にかかる実際の圧力を計測

エスプレッソ抽出時、ポルタフィルタ内のコーヒー豆にかかる実際の圧力を計測します。(他の製品は圧力ポンプの出力を表示)

カウンタートップの新しいデザイン、自由なレイアウト

従来ハコ型だったエスプレッソマシンをタワー型に。提供メニューに合わせてマシンを自由に組み合わせることが可能。先進的でお洒落なインテリアを演出します。

リーズナブルな価格設定

従来のエスプレッソマシンに比べて、大幅に導入コストを削減することができます。

マジックティップ®︎(世界特許)をプレインストール

当社が特許を取得したスチームノズルのチップで、初心者のバリスタでも、きめ細やかで長時間安定したフォームドミルクを作ることができます。

Tall Xpresso®︎仕様と価格

メインタワー

メインタワー (一体型)

スチームタワー

給湯タワー

電源

単相200V

単相200V

単相200V

単相200V

消費電力

1320W

1320W

1200W

1200W

カウンタートップ(幅×高さ)

160×350

160×350

105×383.5

108×359

メインボックス(幅×奥行き×高さ)

260×352×125

256×324×151.3

260×352×426

260×352×426

タンク容量

1000cc

1000cc

6000cc

6000cc

給水方法

水道直結

水道直結

水道直結

水道直結

排水方法

直接排水

直接排水

-

-

ボイラー素材

304SUS

304SUS

304SUS

304SUS

メーカー希望小売価格

450,000円 +税

450,000円 +税

450,000円 +税

450,000円 +税

Tall Xpresso®︎は有限会社エス・エス・アンド・ダブリューが登録商標出願中です。

Case Study

導入事例

Case No.1

caffeineholic

日本橋馬喰町 カフェインホリック 様

“新しいデザイン、興味のあるお客様がエスプレッソの抽出を間近で見られること、そしてキメの細かいクレマのエスプレッソが抽出できるところが気に入ってます”

2016年、東京・虎ノ門に「世界初のカフェインチャージバー」として誕生したcaffeinholic。2018年4月に日本橋馬喰町に移転し、ワークチェア専門店「WORKAHOLIC」と同じ空間のお洒落なスタンドとして営業しています。

「どこにでもあるカフェではなく、当社らしいカフェを模索しました。親会社がOFIXというワーキングライフを豊かにするという会社なので、カフェでもビジネスパーソンの活躍をサポートできるものにしたいと思っていました。カフェインチャージバーというコンセプトはとてもピッタリだと思いました」と話してくれたのは、株式会社オフィックスでWORKAHOLICとcaffeineholic事業部を統括する大矢 泰一 マネージャー。

「そして、カフェインチャージでビジネスパーソンを後押しするためには、もう一つ、大切にしているものがあります。それは『キャスト』の笑顔と元気です。カフェインと人の力でビジネスパーソンに活力を与えるのが、私たちのミッションです」と教えてくれました。

 

実際にカフェラテを注文すると、サーブしてくれたのはCAFEEINE MASTER 南 沙也香さん(写真右)。創業時から同店の味を守ってきたバリスタだ。

「このマシンは新しいデザインで、見たことがない方が多いからだと思いますが、『かっこいいね。どこのマシン?』などと話しかけてもらうことが多く、会話のきっかけになるので嬉しいです。エスプレッソを落としているところが、お客さんが間近で見られるので、珍しかったり興味があって、じっとご覧いただく方もたくさんいます。以前、別のマシンを使っていた時は、お客様に背中を向けて淹れていたのですが、このマシンだとお客様とお話ししながら作ることができるので、とても楽しいです」とマシンの使用感を話してくれました。そして一番強調していたのが「このマシンだと、キメの細かいクレマのエスプレッソが抽出できて、とっても舌触りがいいんです」という事。

カフェインチャージバーに興味がある方、Tall Xpresso®︎に興味のある方、caffeineholicはコーヒー好き必見のお洒落でフレンドリーなカフェです。ぜひ一度、足を運んで見てください!

 

エスプレッソブレンドを2種ラインナップ。ダブルトールの焙煎豆も活躍中!

caffeineholicではダブルトールの焙煎所「The Coffee Hangar」で焙煎したエスプレッソブレンド、そして特注の浅煎りエスプレッソブレンドを提供中。詳しいストーリーを、下記のリンクからご覧いただけます。

 

caffeineholic

住所:103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-15 ザ・パークレックス日本橋馬喰町 1F

ウェブサイト:http://www.iamcaffeineholic.jp/

運営会社 株式会社オフィックス様ウェブサイト:http://www.ofix.co.jp/

FAQ

よくあるお問い合わせ

Q1.色は選べますか?

はい。ベーシックカラーとして、ホワイト、クロム、ブラックをご用意しています。

Q2.色のカスタマイズはできますか?

はい。オプションでお好みのカラーに塗装することができます。1台あたりの追加料金+20,000円(税別)、追加納期が+10日間となります。

Q3.納期はどの位ですか?

通常は約2週間です。

Q4.設置にあたって、工事が必要ですか?

はい。カウンタートップのマシンですので、既存のカウンターへの取り付けるか、新たなカウンター・ユニットを制作します。

貴店の設置スペースに合わせて、柔軟に、機能的に、効率的で魅せるオペレーションとインテリアの実現を目指して、制作にあたります。

Q5.タワーを自由に組み合わせる、とはどういうことですか?

貴店の提供するメニューと、その1日あたりの提供予定数に応じて、タワーを組み合わせます。

メインタワーは「エスプレッソ抽出」「ドリップコーヒー抽出」に対応しており、1台で1日あたり100杯の提供を目安にしてください。

スチームタワーは「フォームドミルク」に対応。カフェラテ、ティーラテ、ホットミルクなどのドリンクを提供する場合に設置します。

給湯タワーはお湯を供給します。ハンドドリップコーヒー、ポットの紅茶などを提供する場合、オペレーションを大幅に効率化することができます。

Q6.1日100杯ほどを提供する予定です。お勧めの組み合わせは?

弊社が運営する『ザ・コーヒーハンガー』(渋谷区東)では、1日あたり平均120杯のエスプレッソ、カフェラテ、ドリップコーヒーを提供しています。

Tall Xpresso®︎の組み合わせは、メインタワー×2台、スチームタワー×1台で運営しており、余裕を持って抽出することができています。

Q7.ショールームはありますか?

弊社が運営する『ザ・コーヒーハンガー』(渋谷区東)で実機をご覧いただいたり、実際に操作していただくことが可能です。事前にご連絡の上、お越しください。

Q8.コーヒー豆にかかる実際の圧力を計測、とはどういうことですか?

従来のエスプレッソマシンは、お湯を排出する圧力ポンプが出力する力を圧力計に表示しています。ですから、ポルタフィルタをセットせず、ただお湯を出す際にも、圧力計は約9気圧を指しているはずです。

これに対してTall Xpresso®︎の圧力計は、抽出中のポルタフィルタの内部にかかっている圧力を計測して表示します。ポルタフィルタをセットせず、ただお湯を出す際の圧力計の表示はゼロです。

もし、ポルタフィルタ内のコンディションが悪く(豆の量が少ない、とかタンピングが適正でないなどの理由で)圧が適切にかかってない場合、Tall Xpressoの圧力計は例えば5気圧を指したり、針が振動したりして、その状況を正しくバリスタに伝えてくれます。

特に、圧を正しくかける為にノウハウを要するTxpresso®︎の茶葉のエスプレッソ抽出においては、この恩恵は大きく、スムーズな技術向上の助けとなってくれることでしょう。

Q9.初めてカフェを運営します。サポートはありますか?

近年、異業種からのカフェ事業参入の需要が高まっています。

ダブルトールでは創業からの全国フランチャイズ展開とカフェ開業支援事業、バリスタチャンピオン排出の経験を生かして、

  • カフェブースの設計
  • 提供メニューの提案
  • バリスタ研修
  • 焙煎コーヒー豆の卸販売

などを通して、貴社のカフェ事業をサポートいたします。

ご相談は無料ですので、一度お話をお聞かせください。きっとお役に立てることがあると思います。

Contact

お問い合わせ

お問い合わせ、お見積もり、設置のご依頼など、お問い合わせはメールまたはお電話にてお気軽にご連絡ください。

電話でのお問い合わせは

03-5467-7885 までどうぞ